SSブログ

驚きのフライドライス@ヌーラーニ(西大路一条) [→NOORANI]

(・ω・)/

久しぶりに実家に置いてあるVJ23に乗ったdekoです。乗車前にバッテリーが上がってしまい、実家のVitzからブースターケーブルで電気貰うとゆ~トラブルあったとか無かったとか。やっぱりマメに乗らないとあきまへん(´・ω・`)

それにしても、ホントにコンパクトなバイクです。レーサーレプリカなので当然と言えばそれまでですが、コイツを日常の足に使っていたとは…なんて贅沢だったんだろうかと今になって思います(ノ∀`)タハー
抜重させて思い切りリーンする気持ち良さと言ったら、もう堪りません( ̄¬ ̄)


さて、今回も西大路一条の(以下略

お店外観.JPG
外に面した窓から厨房を覗くことができ、タンドールもバッチリ見えます。奮起し調理するオーナーシェフさんの姿を拝むことができます。

今回も目当ての品があって、それはオーナーシェフさんの労働負荷が低いときでないと頼めそうに無いので、午後2時半近くに訪問しています。

本日のスープは海鮮ダシが効いた溶き卵入り。

本日のスープ.JPG
なかなか濃厚な味でトロミがあります。胡椒がピリリと効いており、味を引き締めています。


次はお馴染みのラムボディカバブを。

2408724
今回はゲンコツみたいです。関節部位っすな。柔らかいし香りはぷんぷん漂うし、明らかに酒と一緒に頂けばとても(°д°)ウマーなのですが、単車でやって来ため飲めないのが非常に悔やまれます。可食部部分が多くて、肉を囓り付いているという満足感をしっかり得られます。丁寧に馴染んだスパイス類の香りは、周囲の席にまで届いているに違いない…。んでもって、野菜も丁寧に盛られていますし、なにより瑞々しいです。いや~、これはんまい!


カレーはフィッシュティッカマサラを5辛で。

2408725
白い皿に入った赤いカレーは、噴火したての火山から流れ出るマグマを思わせますね~。白と赤、色の対比が鮮やかです。マサラの名に恥じないグレービーには玉ねぎと茄子が。魚はカジキマグロかと思いきや、サバ。「季節毎に使う魚を変えて、旬の味をカレーに盛り込みたいです!」というスタッフさんの想いの現れですね。京都はサバ料理が旨いので、ナイスな組合せです。ただ、ちょ~っと鯖は生臭さが残っていたところもあったような気がします(;^ω^)
もっとマリネされているか、あるいはビネガーで締めて酸味を効かせたヴィンダルーっぽくすると面白いかもな~…なんて想いながら頂きます。

酸味が効くとマサラじゃなくなるやん!?と突っ込まないで下さいorz

フィッシュティッカマサラ02.JPG
スパイシーで食指が止まりません(写真のサバ身は生臭さ無し♪)。身を解し、カリーと一緒に食べるもよし、そのまま頂くもよし。んまい!


お供はフライドライス。西新宿の名店・コチンニヴァースにもある、アレです。オーナーシェフさんの隠しレシピをお聞きして以来、食べたくて堪らなかった(夢に出てきたw)のでお願いします。京都でもインディアンチャイニーズが頂けるとは!

2408726
日本米ですが、嘘みたいにぱらっぱらです!油をけっこう使っているに違いないのですが、あっさりしています。タンドリーチキンの解し身が入っていて、鶏肉のダシが染み渡っています。薄味っぽい見た目とは裏腹に、スパイシーでパンチ力のある味付けです。

…これはスパイシーな炒飯です。これ単体でもバクバク食べられますし、カリーとの相性もバッチリです。スープカレーをお願いしていれば、もっとナイスな組合せだったと思います。そこら辺で食べられる炒飯が霞んで見えます。茶碗に換算するとで2杯くらいは裕に盛られていましたが、軽々と完食してしまいました。この料理にはオーナーさんの魔法が掛かっています。めっさんまい!!

「インドではバスマティライスをつかったフライドライスがたくさんありますネ♪」と語るオーナーさん。次はぜひともバスマティライスで作って頂きたいです。日本米でこのパラパラ具合だから、バスマティライスならそれはもう極上の…(・∀・)


そして賄いのオリジナルなチョウミンも頂きました。…この食事だけでどんだけ炭水化物を摂取しているのか、私は(ノ∀`)タハー

2408727
チョウミンというよりそばめし(笑)言い意味でこのアバウトさのお陰で、賄いっぽさ全開です♪
麺はたまご麺ですね。普通の麺と違って独特の柔らかさがあります。たまご麺が入ったことで、スパイシーさを保ちながらも先ほど頂いたフライドライスより優しい味になっています。う~、これはチリチキンが欲しくなります。オーナーさん自らが「チリチキンかチリビーフと一緒に食べると、めちゃくちゃ美味しいデスよ!」と仰るからなぁ、間違いない。

―って、チリビーフ?チリチキンの鶏肉が牛肉になったバージョンですか!?めっさ美味しそうじゃありませんか( ̄¬ ̄)

いつも私の勝手な注文をくみ取って下さるお店には感謝意外の言葉が見あたりません。今回もごちそうさまでした♪
中華料理店の炒飯では物足りないそこのアナタ、ぜひこのフライドライスをお試しあれ!

インド料理 ヌーラーニ】(HP)
場所:京都市北区大将軍川端町21 ルミエール白梅1F

営業時間:11時~14時30分(L.O.)、17時~22時30分(L.O.)

定休日:不定休(09年1月1日~2日はお休み)

連絡先:075-464-0586


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 4

すくば

きずしが好きなら、酸味の効いた鯖を望むわな~。って、それなら寿司屋に行け(笑)

引出し豊かなシェフなんやなぁ…だが、ワガママは程々にしておくのだぞ!
by すくば (2008-12-21 14:40) 

deko

>すくば
ワガママやり過ぎんよ~にしてるつもりですよ、これでも(;^ω^)
スタッフさん繁忙時間帯を避けてるとか、できそうな工夫は一応。

フィッシュティッカマサラに関しては、いきなりのお願いかつスタッフさんの予想から外れた注文だったんじゃなかろうか。
by deko (2008-12-21 17:40) 

kyoko

こんばんは~!!
dekoさん、よくおわかりで…
朝来たばかりの鯖でオーダー受けた時にはスパイスの馴染み具合もまだまだ足りなかったと思います、実は…。
本来なら酢を入れなくても上品な酸味もある味付けなので
フィッシュチャトニーにしても美味しいのです。次回は是非!!!万全の状態で召し上がってほしいです~。

by kyoko (2008-12-21 18:43) 

deko

>kyokoさん
こんばんは。
3日連続でお邪魔したにも関わらず、ありがとうございました。

サバに関してはそのような裏話があったのですね~。その場でお伝えせず記事にしてしまったこと、申し訳ありません。フィッシュチャトニ…未だ食べたことありませんが、きっと美味しいのでしょうね♪
またオーダーします!

by deko (2008-12-21 19:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。